ビオトープは越冬できる? 春を迎えるための管理方法・コツを解説します

ビオトープを管理していく上で最も多くの人が心配するポイントは、「屋外のビオトープで冬を越せるのか?」という点ではないでしょうか。

地域によっては氷点下や雪は当たり前、あっという間に植物も生物もダメになってしまうのでは…と不安になりますよね。

我が家にもこれから初めての越冬を迎える生物や植物がいるので、その気持ちも十分すぎるほどわかります。

ですが、きちんとポイントを押さえておけば、きちんと厳しい冬を超えることは可能!もちろんどんなに頑張っても越冬できない植物や生物もいますが…。

というわけで、ここでは「冬のビオトープ管理」について、より詳しくまとめていきたいと思います。


越冬できる?できない?冬が来る前に知っておこう

植物も生き物も、屋外のビオトープでそのまま越冬できるものとできないものがあります

例えば、メダカや金魚、タニシ、エビなどビオトープで定番の生き物たちは、ほぼ屋外での越冬が可能です。

しかし例外として、飼育用に品種改良が重ねられたものや海外産(特に熱帯性)の生き物は屋外での越冬ができません。

場合によっては冬の間だけ室内飼育に切り替える必要も出てきますので、そちらの準備のためにも越冬できるかできないかというのは、あらかじめ確認しておきましょう。

 

そして、植物も屋外でそのまま越冬できるもの、条件付きならば屋外で越冬できるもの、室内で越冬させるものに分けられます。

屋外でそのまま越冬できるものは、アナカリスやマツモなど沈水植物がメイン。

また、スイレンやウォーターポピーなどの浮葉植物は、株自体が凍結してしまわないように防寒対策をすれば、屋外での越冬が可能。

寒さに弱い浮草や沈水植物類は、室内の水槽へ移動させることで越冬させることができます。

 

「ビオトープにぴったりな水生植物の生態」のページで紹介したものについて、越冬の可否を表にしてみました。

屋外で越冬 屋外(条件付き) 屋内
ホテイソウ × ○(ビニールハウスなど、日光が良く当たり温度を確保できる場合) ×(光量が足りずに枯れてしまう)
アマゾンフロッグピット × ○(凍りつかなければOK)
フィランサス × ×
サルビニア × ○(凍りつかなければOK)
スイレン × ○(株が凍りつかなければOK(※温帯スイレン)深めに沈めておく)
ウォーターポピー × ○(株が凍りつかなければOK深めに沈めておく)
ウォーターマッシュルーム × ○(沈水させて、凍りつかなければOK)
ウォータークローバー × ○(地上部は枯れるが、水中は凍りつかなければOKある程度日光が必要なので、深く沈めすぎない) ○(日当たりのよい場所)
トクサ × ○(耐寒性はあるが凍りつくと枯れるので、陸上で管理)
アナカリス
ガボンバ

 

越冬に向けた下準備

秋も中ごろになると、越冬に向けた準備を始めなければなりません。

気温が低くなってからビオトープをいじりすぎると、環境の変化に生き物たちがついて行けずにダメージを受けてしまうからです。

昨日まで暖かかったのに、ある朝グッと冷え込む…なんてこともありますよね。そんな時に焦ってしまわないように、下準備はしっかりと!

無事に越冬できるかどうかは、冬の間の管理よりも下準備にかかっていると言っても過言ではありません!

植物の手入れの方法・コツ

気温が下がると、枯れてくる植物が出始めます。枯れた部分が腐ると水質の悪化を招くので、こまめに取り除きましょう。

屋内で越冬させるものは徐々に移動させていきますが、生き物たちがまだ元気よく動いているうちに一気に植物を移動させると、酸素不足や水質の悪化が起こる可能性があります。

生き物たちの動きが鈍くなり、休眠状態に入ろうとしているのを確認してから、植物を移動させましょう。

ただし、完全に休眠状態に入ってしまった段階でビオトープの中をいじくるのは、生き物たちにとってストレスになります。

日々状態を確認し、タイミングを見計らいましょう。10月中旬、最低気温が20度を下回るようになり茶色くなり始めたホテイソウはこんな感じになります。

 

防寒対策のやり方

防寒対策は、「寒さを防ぐ目的」と「温度変化を少なくする目的」とがあります。

水面が凍る程度ならば大丈夫ですが、底近くまで凍ってしまうとどんな植物でも生体でもほぼお陀仏。

特に寒冷地では二重三重の対策をして、冬の冷え込みに備えましょう。以下のような防寒対策が有効です。

  • 霜や風の当たりにくい場所に移動する
  • ・雪が入らないように、屋根や蓋をつける
  • ・容器の下にすのこを敷く
  • ・断熱材(プチプチや段ボール等)で覆う
  • ・深さがあり、水量の多い容器を使う

プチプチ、段ボール、アルミシートなどを、越冬に向けて確保しておきましょう。

 

青水(グリーンウォーター)作り

植物性プランクトンが大量に繁殖した状態である青水(グリーンウォーター)は、生き物たちの越冬に欠かせません

冬の間生き物たちはほとんど食事をせずに過ごしますが、それでも多少の食べ物は摂取します。その餌となるのがグリーンウォーター内のプランクトンたち。

透明な水での越冬が不可能なわけではありませんが…透明な水では生き物たちが痩せてしまい、春に元気に復活してくれる確率も変わると言います。

ビオトープそのものをグリーンウォーターにしても良いのですが、砂利や水草、エビやタニシなど浄化作用があるものが入っていると、なかなかグリーンウォーターになりません。

できるだけ日光に当ててビオトープ内を少しでもグリーンウォーターにするか、別容器でグリーンウォーターを作りましょう。

(グリーンウォーターの作り方は、「ビオトープで起きがちなトラブル解消法」のページで紹介。)

ビオトープの生き物たちがダメになってしまう原因と対処法を詳しくまとめました

餌の与え方

寒くなり始めるまでは、栄養を蓄える意味でも適度な餌やりはOKです。

自然のサイクルに任せているので餌はやっていない!という人は、生体の状態をよく確認して、痩せているようなら餌を与えたほうが良いかもしれません。

ただし、寒くなり始めると餌の食いつきや代謝が悪くなり、食べ残しによる水質の悪化や消化不良を引き起こしやすくなります。

すぐに食べ切れる量を目安にし、できるだけ暖かい時間帯に与えるようにしてください。食いつきが悪くなったら餌をやるのはやめましょう。

我が家のビオトープでは普段はあまり餌をやらないのですが、金魚が購入時より少しスリムになったような気がしたので、越冬に向けて餌を購入してみました。

 

冬の間の管理ポイント

いよいよ冬に突入すると、直接ビオトープ内をいじったりすることはほぼありません

ですが完全に放置しておくと、いつの間にかビオトープの状態が悪くなり全滅していた…なんてことにもなりかねません。

きちんと日々の状態を確認しておきましょう。

水を足して蒸発を防ぐ

冬は乾燥しますし、風が強いとその分水の蒸発も早くなります

油断していると、気付いた時にはかなり水量が減っていた!ということもありますので、水が減ってきたら静かに水を足してあげましょう。

あまりに水が減ってしまうと、外気温の影響を受けやすくなり、水が凍ってしまう確率も上がります。

亡骸を取り除いて、水質悪化を防ぐ

寒さに強い生き物でも、冬前の健康状態など場合によってはお星さまになってしまうこともあります。

亡骸は水質の悪化を招くので、見つけたら速やかに取り除きましょう。

動かないので死んでいるかどうか判断が付きづらいかもしれませんが…「目が濁っている」「ひっくり返っている」「(エビの場合)色が変わっている」などのポイントを目安に、観察してみましょう。

 

ビオトープの越冬についてのまとめ

無事に越冬ができるかどうかは、地域による環境差も大きく影響すると思います。当然、寒さの厳しい地域の方が、越冬も難しいでしょう。

しかし、きちんと対策ができていれば越冬できないわけではありません。無事に春を迎えられるよう、しっかりと準備をしておきましょう。