ヒバカリの飼育に必要なケース、床材、保温器具を解説(ウチの子の環境も紹介します)

ヒバカリは体が小さくストレスや病気に弱い傾向があるので、出来る限り早く快適な環境を整えてあげるのが望ましいです。

ヒバカリを手に入れる前、あるいは手に入れたらすぐに、必要なものを用意しなくてはなりません。

特別入手が困難なものなどはないので、事前にしっかりと必要なものを確認しておきましょう。ここではヒバカリの飼育に必要なアイテムを、私の体験談なども含めて紹介していきます。

<スポンサーリンク>

大きさをよく吟味して…「飼育ケース」

飼育ケースは爬虫類専用のものでももちろんOKですが、水槽、プラケース、衣装ケースなどでも代用は可能。

大きさの目安としては、成長後まで買い替えずに使うつもりならば45㎝幅以上のものが望ましいと言われています。(ヒバカリが体を十分に伸ばせるサイズ。)

ですが、幼体から捕まえていきなり大きな飼育ケースというのも、手入れなどがとても大変ですね。

ですので、初めはもう少し小さめなケースで飼育し、ヒバカリが成長してきてお世話にも慣れてきたタイミングで、ケースをサイズアップするのもいいでしょう。

飼育ケースを選ぶ上で気を付けたい点は以下の通りです。

 

きちんと蓋が閉まるもの

ヒバカリは脱走の名人です。きちんと蓋が閉まるものでなければ、すぐに脱走してしまいます。

 

通気性の良いもの

ヒバカリは湿気が好きなヘビですが、蒸れすぎはよくありません。通気孔の開いているものや、蓋がメッシュになっているものなどを選びましょう。

 

上から世話ができるもの

基本的にヘビは上から世話をされるのを嫌がります。しかしヒバカリの場合、横から世話ができる構造のケースだと、開けた途端に飛び出して脱走する可能性があります。

初めは水槽を横にして使ってみたりもしたのですが、何度も脱走されかけました…。脱走のしにくい上に蓋があるものを選び、世話の際にはヒバカリを驚かさないように慎重にするのがベストかと思います。

生後1年未満の我が家のヒバカリは、ひとまず30㎝幅の水槽で飼育しています。蓋はジャストサイズでヒバカリの力では開けられないものを自作。

 

1年目の冬前の段階でヒバカリの全長も約30㎝。体を伸ばせるギリギリのサイズなので、2年目に突入した段階で飼育ケースもサイズアップ予定です。

 

安心できる隠れ家…「シェルター」

人の目線から隠れられる、シェルターが必要です。シェルターは爬虫類専用のものも売られていますし、小さめの植木鉢などでもOK。

 

とにかく身体が収まるサイズで、暗くて狭い場所を作ってあげましょう。

我が家で使用しているのは、100均で手に入れた金魚用のオブジェ。家の形をしていて、窓や煙突などから顔を出す姿はもだえるほど可愛いです!

 

水浴びにも必要…「水入れ」

飲み水用としてだけではなく、脱皮前の水浴びなどにも必需品の水入れ。ヒバカリが十分に入れるサイズのものを用意してあげましょう

 

また、水入れは小魚やオタマジャクシなどの餌を入れるためにも使用します

蓋つきのタッパーに穴を開けたようなタイプのものが一般的ではありますが…我が家ではそのタイプにすると上手く餌が捕れなかったみたいなので、間口の広い器に変更しました。

 

ヒバカリが過ごしやすくするために…「床材」

一言で床材といっても、その種類は様々です。それぞれの特徴や我が家のパターンなどを紹介するので、自分に一番合っているというものを選んで使ってくださいね。

 

新聞紙(キッチンペーパーでも可)

新聞紙やキッチンペーパーは、最も手軽で扱いやすい床材です。見た目よりも手間がかからないことに重点を置きたい人におすすめ。

  • メリット…掃除がとても楽で常に清潔、安価で手に入る
  • デメリット…見栄えが悪い、保湿性が無い

 

・水苔+赤玉土

湿らせた水苔の上に赤玉土を敷く方法は、多くのサイトで紹介されている方法です。掃除の手間はかかりますが、見栄えは抜群。

  • メリット…保湿性に優れている、見栄えが良い
  • デメリット…掃除が大変、エサ(ミミズ)が潜る、虫が湧くことがある

 

腐葉土

ヒバカリの生息環境に近い床材なので、ヒバカリにとっては快適です。

  • メリット…適度な湿気がある、より自然の環境に近い
  • デメリット…掃除が大変、エサ(ミミズ)が潜る、虫が湧くことがある、カビが生えることがある

 

 爬虫類専用マット

爬虫類専用の砂や土、チップなどのことで、種類によって丸洗いできたり、消臭効果があったり、防ダニ効果があったりと高性能です。

  • メリット…高性能、ものによっては見栄えも良い
  • デメリット…お金がかかる

 

我が家では当初、水苔+赤玉土の床材を使っていました。

しかし掃除が手間な上に(汚れたところを取り除くだけだと、やはり臭いが気になります…。)、その時メインの餌だったミミズがことごとく土に潜ってしまい…。

結果的に、床材は新聞紙で、一部容器に土や水苔を入れたものを置いておく、というスタイルに落ち着きました

 

湿度の調整に大活躍…「水苔」

先ほど床材でも少し紹介しましたが、水苔は適度に水分を含んだり蒸発させたりしながら、湿度を調節してくれる役割があります。

 

ヒバカリは乾燥に弱いヘビですから、水苔は必需品。床材として使わない場合は、濡らしたあとによく絞った水苔を、容器などに入れて置いておきましょう。

シェルターよりも水苔の中に隠れていることも多く、第2のシェルターとしても活躍します。100均でも売られていますし、水分を含むと膨らむのでコスパもいいですよ。

 

乾燥対策に…「霧吹き」

水苔などで湿度対策をしていても、特にヒーターなどを使用すると乾燥が酷くなる時があります。そういった場合は、霧吹きでしっかりと湿度を上げてあげましょう。

 

冬眠をさせないなら…「保温器具」

自然下では、ヒバカリは冬になると冬眠をします。しかし飼育下で冬眠をさせずに越冬をしようと思うならば、保温器具は必需品。

 

様々なタイプのものがあるので、部屋の環境や置き場所なども考慮しながら選びましょう。

 

フィルムヒーター

ヘビは基本的にほぼ床での生活をしますから、大敵なのは床からの冷えです。そこを完全にカバーできるのがフィルムヒーター。

  • メリット…床からの冷えに強い、薄いので場所を取らない
  • デメリット…単体では床以外の温度が上がらない場合もある(温度が不十分)

 

暖突

ケースの蓋の裏などに取り付けて使うタイプのヒーターです。上からの熱で、ケースの中を暖めます。

  • メリット…保温力抜群、電気代が安い、触っても火傷をしない
  • デメリット…値段が高い、温度の上がりすぎに注意、底冷え対策が必要

 

保温球

電球タイプの保温器具です。ヘビの場合は球に巻き付いてしまう場合があるので、ケースの外(蓋の上など)から使用しましょう。

  • メリット…保温力抜群、種類が多く様々な環境を再現できる
  • デメリット…温度の上がりすぎに注意、底冷え対策が必要、触ると火傷の心配がある、電球が切れる

基本的には、フィルムヒーター+暖突または保温球というように、底と上部両方から温めるようにしている人が多いようです。

 

ただ飼育環境によっては、どれか一つだけでも十分だという場合もあります。

我が家の場合フィルムヒーターのみを使用、ケースの周りを断熱材などで囲むことで、ケース内が常に20℃前半を保っています

飼育場所の温度をしっかりと確認して、最適な器具を選びましょう。

 

こまめに確認…「温度計」

ケース内の温度をこまめに確認するために、温度計を用意しましょう。

冬場の保温時だけではなく、夏に温度が上がりすぎるのを気を付けるためにも必要です。

 

まとめ

とにかく、ヒバカリを捕まえたら即環境を整える!これが鉄則です。ヒバカリの飼育環境には、まだまだ決まったマニュアルがありません。

よくヒバカリの様子を観察して、試行錯誤しながら最適な環境を作ってあげましょう。

<スポンサーリンク>

Posted by you