着物リメイクとは?再利用でできるアイテムと必要な準備物

最近耳にすることが多い「着物リメイク」とはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、着物リメイクとは何なのか? そしてどんな道具が必要なのか? リメイクに向く背景から、初心者に優しく解説します。

着物リメイクとは、着物を違うものに作り変えることです。

現代ではなかなか着物を着る機会がありません。

タンスの中に着物は何枚かあるけれど、一回くらい着ただけで、それ以外着ていないという人も多いと思います。

自分で着付けができるという人もなかなかいないのではないでしょうか。

着物は高価なものです。

タンスの肥やしにしておくのはもったいないし、あまりタンスに入れっぱなしにしておくと虫にくわれてしまったり着用した時についた汚れがシミになってしまったりします。

そうなっては残念ですよね。

着物リメイクは、そんな着物を普段使えるものに変身させることなのです。

 

着物の需要の低下とお直し、リメイクの増加

新しく着物を作る人は年々減っています。

着物が特別なものとなってしまい、日常の生活ではなかなか着ることがないためでしょう。

その反面、着物を違うサイズに作り変えるお直しや、着物を違うアイテムに作り変えるリメイクはその需要を増しています。

捨てるのはもったいないので、人にあげたり、他のものに作り変えるという需要が増えているのです。

 

着物は思い出がいっぱい

一昔前では、嫁入り道具として着物を持たせてもらうということが普通でした。

喪服や訪問着など、特別な時の装いとして一般的でした。

一度作ると長く着ることができるため、母親の振袖を成人式に着ていったという人もいるでしょう。

また、親族や親しい人から着物を譲られるということもあるため、着物はただの衣装としてではなく、思い出のつまったアイテムでもあります。

着物は着ないけれども捨てられないという人は多くいますが、それは思い出がつまっているからでもあるのです。

着物リメイクはそんな大切な着物を普段使うことのできるアイテムに変えることができます。

 

着物はリメイクに向いている

着物は、長く着ることを前提に作られています。

身長の小さい人が買ったものでも、仕立て直して身長の高い人が着ることもできるように仕立ててあるのです。

また、裾などが擦り切れてしまったりした場合にサイズを直してまた着ることができるように考えられているのです。

幅や丈に余裕をもって仕立ててあるので、リメイクもしやすいのです。

また、着物は洋服に比べてリメイクする際に使える面積も広いので、比較的大きなものも作れるのです。

 

着物リメイクで人気のアイテム

洋服

着物をスカートやジャケットなどの洋服にリメイクすることが流行しています。

それを専門にやっている業者もあります。

着物を普段使うことのできる洋服に作り変えることができたら着用頻度も上がりますね。

また、和柄や着物の風合いはなかなか他で手にすることはできません。

思い入れのある着物で作れば、また新しい洋服の楽しみが広がります。

 

ファッション小物

帽子やバッグなどのファッション小物にリメイクするのも人気があります。

簡単なものであれば自分で作ることも可能です。

着物は鮮やかな色や美しい柄が特徴ですので、そういったものでファッション小物を作ればいつものコーディネートがまた違った華やかさをもつことでしょう。

 

アクセサリー

髪飾りやブローチなどのアクセサリーも手軽にリメイクで作ることができます。

使える布が少なくても作ることができるので、着物を作った際のあまり布などでも作ることができます。

ブローチなどはちょっと今日の服装は地味だなと思った時に使うとぱっと華やかになるのでおすすめです。

 

飾りもの

着物の柄はそれだけで美しいものもたくさんあるので、それだけ切り取ってタペストリーなどの飾り物にすることもできます。

もう着ない着物をミニサイズに作り直して人形などに着せておくと、着物にまた新しい命が吹き込まれるでしょう。

 

道具の紹介

着物リメイクを自分でやる場合、どのような道具が必要なのでしょうか。

アイロン

着物はほどいてみると折り目が随所にあるので、それを伸ばしたりするためにアイロンが必要です。

また、布に折り目をつけたりするのにもアイロンを使います。

スチーム機能のついているアイロンが多いですが、スチーム機能は使わない方がいいのでスチームを切ることができるアイロンがいいでしょう。

 

ミシン

小さい小物などであれば手縫いでできますが、洋服などの大きいものを作る時はミシンがあるといいでしょう。

布にもよりますが、基本的に細めの針を使う方がいいでしょう。

洋裁の針に比べて和裁の針は細いので、それに合わせた太さがいいです。

縫い目の大きさを調整できるミシンがおすすめです。

あまり細かい縫い目だと布が傷んでしまうことがあるので、大き目の縫い目で縫っていきましょう。

 

裁縫道具

裁縫道具は、最低限裁ちばさみ、小ばさみ、チャコペン、待ち針と縫い針があれば始められます。

そのほかに大きいものを作るのならトレーシングペーパーや市販の型紙があるといいでしょう。

また、柔らかい生地でしっかりしたものを作りたいと思うのなら、必要に応じて接着芯を使うと生地を補強してくれます。

接着芯は片面にノリがついていて、アイロンで生地に接着します。

ものによってはノリが生地の表面に染み出して白くシミのようになることがあるので、使う前に余分な布と接着芯を張り合わせてみてください。

 

あると便利なもの

こて

こては小さいアイロンのようなもので、細かい部分に折り目をつけたり、先端をぐっと布に押し付けてしるしをつけたりするのに使います。

あると便利ですが、カバンなどを作るくらいであればなくても大丈夫です。

プロが使う20000円もするものから、リーズナブルなものでは3000円くらいのものもあります。

写真のピンクの道具がこてですが、これは4000円くらいです。

 

糸通し

写真でこてのとなりにあるのが糸通しです。

とても便利です。

針をセットする穴があり、そこに針を刺し、糸をセットして真ん中のでっぱりをガチャンと押すと針が通ります。

針穴に糸を通すのが苦手な人はぜひ使ってみてください。

 

糸の種類

糸は市販されているものでは、絹糸、ポリエステルの糸、綿糸があります。

生地の種類によって糸を選びます。

普通の着物は絹でできているので、絹糸で縫われています。

洗える着物など、洗濯ができるものはポリエステルの糸で縫われています。

浴衣は綿なので綿糸です。

絹や綿などの自然素材のものは、水にぬれたり熱を加えると縮みます。

そのため、例えばポリエステルの生地を絹糸で縫って洗濯してしまったら、ポリエステルの生地は縮みませんが、絹糸は縮みます。

そのため、縫い目にしわがよってきたなく見えることがあるのです。

基本的に、生地と同じ素材の糸で縫いましょう。

また、なるべく細い糸を使いましょう。

着物の生地は繊細なので、太い糸で縫っていまうと生地が傷んで穴が開きやすくなったり擦り切れやすくなります。

 

自分で着物をリメイクしてみよう

着物リメイクをやっている業者もいますが、簡単な小物などであれば自分で作ることもできます。

今ではいろいろな型紙なども販売されていますので、そういったものを使うのもおすすめです。

鮮やかな色の着物はヘアアクセサリーやブローチなどの小物にしてもコーディネートをぱっと明るくしてくれます。

自分で作ったものを使うというのはとてもうれしいものです。

リメイクは作っている過程も楽しいですし、使う時もうれしい気分になります。

ぜひチャレンジしてみてください。