着物リメイクに向いているおすすめの生地、注意したい生地

着物リメイクと一口に言っても、着物の生地の種類は様々なので、生地の質によって作るものを考えた方がいいでしょう。

例えば、柔らかく伸びる生地でバッグなどを作り、重いものを言入れたりすると布が伸びてしまうことがあります。

また、小物をあまり厚い生地で縫うのも、作った後で使いづらいかもしれません。

どのような生地がどのようなものに向いているのでしょうか。

着物リメイクの種類別向いている生地

アクセサリー はちりめん

小さなものを作る時はちりめんがおすすめです。

ちりめんは生地が柔らかいので、細かい細工がしやすく、ブローチやヘアアクセサリーなどに向いています。

訪問着や留めそでなどに用いられるのがちりめんです。

また、風呂敷の生地のように表のでこぼこの多い鬼ちりめんと呼ばれるちりめんもあります。

ちりめんは繭からとれる大変細い糸を数本合わせてよったもので織られています。

この細い糸を何本合わせてよるかによって、表面の風合いに違いが出てきます。

紬という生地もありますが、こちらは繭からとれる糸を綿状にしたものから糸をつむいで作られます。

そのため、糸の太さが一定ではなく、それが生地の風合いとして現れてきます。

柔らかいちりめんはその分伸びたり縮んだりしやすく、バッグなどの負荷のかかるアイテムにリメイクするのにはそれなりの工夫が必要です。

 

バッグはお召しや帯地

バッグなど、ある程度の重さがかかるものにリメイクするには、お召しや帯地などのしっかりした生地がおすすめです。

お召しとはちりめんの一種ですが、糸をよる際に普通のちりめんよりも強いよりがかけられているので、生地が非常に丈夫です。

しわもよりにくい生地でもあります。

江戸時代に将軍が好んでこの生地を自分の着物に仕立てたため、「将軍がお召しになる生地」として「お召し」という言い方が広がりました。

帯はぎゅっと引っ張って巻くことを前提にしているので、あまり伸びやすい生地は使われません。

そのため、帯地も負荷がかかるものを作るのに向いています。

 

衣類は麻、ウール、化学繊維

衣類を作る際は、麻やウールなどの洋服によく使われている生地がいいでしょう。

最近はポリエステルなどの化学繊維の着物も増えていますので、そういったもので洋服を作れば洗濯機で洗うことができます。

 

他にもこんな布地があります。

絽は夏用の着物によく使われる生地で、細い横縞が特徴です。

また、かなり透け感があります。

見た目にも涼しい生地です。

絹でできていますが、最近は化学繊維などの洗えるものも増えています。

 

綿

最近はポリエステルの浴衣が多くありますが、浴衣は基本的に綿でできています。

現在でも浴衣は旅館などの館内着として活躍していますが、昔は浴衣を来て入浴をしていたため、「浴衣」と書くのです。

そのため、水にぬれても縮んだりしない綿で作られています。

 

絞り

 

絞りは生地を染める前に糸で生地をくくり、その糸でくくられている部分(粒といいます)は染まらないようにしてから染めた生地です。

糸でくくった箇所は糸をほどいても独特のおうとつが出ます。一反の反物を仕立てるのに、粒を25万個も作ることがあるそうです。

昔はそれを一粒ずつ職人が手作業で行っていたため、非常に高価な生地でした。

絞りは伸びやすいので、丈夫さが必要なものにリメイクするのは工夫が必要です。

 

どうしてもこの布でこのアイテムを作りたいという時

例えば、ちりめんの柔らかい生地でバッグを作りたいということがあると思います。

そういった時には、例えば裏地を丈夫なものにしたり、接着芯を貼って布をつよくしたり、特に力のかかる部分は違う布を使うなどの工夫が必要になるでしょう。

 

和モダンな柄

着物の柄なんて古臭いと思う人もいるかもしれません。

しかし、着物の中には現代でもかわいいと思える柄がおおくあります。

そんな柄を紹介します。

 

銘仙

銘仙(めいせん)とは、生地を織る前に糸を染めて織る先染めという手法を用いて作られたものです (写真は上が銘仙で下が紅型)また、太い糸をよって作っているので、非常に丈夫で、一般庶民の着物として広がりました。

古くは縞模様が多かったのですが、大正時代に複雑な模様を織ることが可能になり、柄の工夫がされました。

柄が大変かわいらしいので、大正時代の女学生の間に広がり、大正ロマン着物として連想されるレトロな着物は銘仙であることが多いです。

また、表裏の模様の付き方に偏りがないので、昔は表が擦り切れたりしたら裏を表に仕立て直して着ていたようです。

表面が汚れていても裏面がきれいならそちらが使えます。

 

紅型

紅型(びんがた)とは、沖縄の染め物のことで、鮮やかな原色での華やかな模様が特徴です。

沖縄旅行のガイドブックなどで、赤い大きな帽子をかぶり、黄色い着物を着た女性の姿を見たことがあるかもしれません。

あの黄色い着物が紅型です。非常に鮮やかで人目を惹く柄です。

 

図変わり

着物の中には、「図変わり」と呼ばれる変わった柄があります。

例えば写真のような人を図案化したものや、読本といって本を図案化したもの、お面やこけしを図案化したものなどさまざまです。

また、レースの柄のような模様や、横糸と縦糸が荒く格子状に織られていて向こう側が透けるものもあります。

図変わりはアイデア次第でその図を生かすことができるので、リメイクの可能性が広がります。

 

現代風に仕上げるコツ

着物をそのままバッグや洋服など大きな作品に作り直すと、手持ちの他の服などに合わず作った後なかなか使えないということもあります。

どのように手持ちの服とマッチさせるといいのでしょうか。

手持ちの服などとマッチさせるには、リメイクしたい着物だけを使ってリメイクするのではなく、他の布と合わせて使うことをおすすめします。

例えば、トートバッグを作る時はトートバッグ自体は手芸屋などで売っている普通の布で作り、持ち手とポケットだけ着物の生地で作るとそんなに着物が主張しすぎることもなく普段の装いにプラスすることができそうです。

また、洋風素材と和風素材を合わせるとまた面白いアイテムが仕上がるかもしれません。

例えば着物の生地でポーチを作る時にレースをあしらってみたり、ビーズなどを使ってみるとまた新しい魅力が見つかるかもしれません。

最近はレースの半襟や帯揚げなどが人気のようなので、着物とレースは相性がいいかもしれません。

また、洋服などを作る時は、襟だけ着物の生地にしたり、着物の生地でくるみボタンを作り、それを普通の洋服につけてもいいでしょう。

どれだけ「きもの感」を出すかは作る人の好みによりますので、自分の持っているアイテムを見て考えてみましょう。

 

着物リメイクでちょっと気を付けること

着物にはおめでたい時に使われる吉祥柄というものがあります。

鳳凰や松竹梅など吉祥柄は何パターンかあります。

そういった柄を、弔事などの席で持っているのは避けた方がいいでしょう。

着物を実際に来ているわけではないので、あまり目くじらを立てる人はいないと考えられますが、そういった柄があるということも気に留めておきましょう。

 

布の特性に合ったものを作ろう

着物には様々な種類の生地があります。

またいろいろな柄もあり、とても奥が深いものです。

この生地でどんなものを作ろうかと考えるとわくわくしてきますね。

せっかく作ったのなら長く使いたいものです。

生地の特性を踏まえてリメイクをすると、仕上がりもきれいになりますし、長持ちしますよ。