着物リメイクで巾着と手提げバッグ(トートバック)を作る方法

着物リメイクで作りやすいのが巾着やちょっとしたバッグです。

今回は、簡単にできる巾着と手提げバッグをご紹介します。

ぜひチャレンジしてください。

裏地付きの巾着

今回使った道行コートは裏地もバラ柄で非常にかわいらしいので、裏地付きにしました。

裏地付きのものは難しいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

裏地付きの方が見た目もきれいですし、耐久性もありますので参考にしてください。

 

用意するもの

  • 表地 18センチ×50センチ
  • 裏地 表地と同寸
  • 紐 40センチ
  • 待ち針
  • 必要であればミシン、紐通し

 

両脇を縫う

水色の線を引いたところを縫います。

縫い代は1センチ弱くらいでいいでしょう。

上の方の5センチは下の写真のように縫い合わせずに折り返して縫います。

ミシンで縫っても手縫いでも大丈夫です。ミシンでは荒めの縫い目で縫いましょう。

 

裏地を縫う

裏地は、表を中側にして表地と同じように縫います。

縫い代は1センチ強にします。

縫い代を多くすることで表地の幅より少し小さめにできるので、表地の中に入れた時に裏地が余ったりしません。

 

裏地と表地を合わせる

裏地を表地の中に入れます。

上の、5センチの切れめのところから、横に縫っていきます。

上の切りっぱなしのところは切りっぱなしの部分を中に織り込んで表地と裏地を縫い合わせます。

またその下2センチくらいを平行に縫います。この縫い目とその下の縫い目の間に紐を通します。

その幅は紐の幅の3倍くらいがいいでしょう。二枚目の写真を見てもらうと、どう縫うかがわかると思います。

 

紐を通す

上の写真のように紐をとおしていきます。

紐は紐通しを使ってもいいですし、先端を結んでそれを押し出していくように通してもいいです。

紐を通したら出来上がりです。

 

アレンジの仕方

紐の上のフリルの部分はお好みでつけなくてもいいですし、もっと幅を広くしてもいいでしょう。

今回は2センチで上の写真のようになっています。

また、今回は黒い紐を使いましたが、表地と同じ布地で細い紐を作って通してもかわいいです。

巾着の大きさもお好みで調節してください。

紐を左右両方通すのが面倒という方は、片方だけでも問題なく使えます。

今回はマチをつけませんでしたが、マチをつけるとより本格的なものになるでしょう。

基本的な巾着の作り方をマスターすると、かなり応用がききますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

手提げバッグの作り方

簡単な手提げのバッグの作り方をご紹介します。

手提げバッグはいろいろな形があると思いますので、布地の特性にも合わせて様々な形を考えることができます。

今回は下の写真のような形のバッグを作ります。裏地もついています。マチはついていません。

お好みによってつけてみてください。また、ボタンもついていません。一番シンプルに作れるものを選びました。

持ち手の部分は接着芯をつけて生地をしっかりさせています。

 

接着芯について

接着芯は、手芸店で購入することができます。

接着芯にはアイロンで溶ける接着剤がついており、布地の上においてその上からアイロンをかけることで生地に直接貼り付けます。

色の濃い布地に張り付ける場合は接着剤が表に染み出して汚れのように見えてしまうことがあるので、使わない表地に貼ってみて大丈夫か確認しましょう。

 

用意するもの

  • 表地75センチ×25センチ 一枚
  • 表地40センチ×5センチ 一枚(持ち手用)
  • 接着芯40センチ×5センチ
  • 裏地36センチ×25センチ
  • 待ち針
  • アイロン
  • 必要であればミシン

 

まず、表地を4等分します。

下半分が袋の部分、上半分が蓋の部分になります。

袋の部分を中表にして縫い代を1センチくらいとって両端を縫います。

その際、断ち切りから1センチくらいのところは中に折り返しますので、縫わないでください。

縫ったら表に返します。

次に、蓋の部分を縫います。蓋になる部分のうち、上半分を後ろに折り返します。

その時に、下の写真のように断ち切りを5センチほど余らせておきます。袋に縫った延長線上を縫っていきます。

 

両方縫うと下の写真のようになります。縫ったらここも表に返します。

表に返すとこのようになります。

 

真ん中の線のところが切れており、両端は袋状になっています。

 

裏地を縫います

裏地は中表にして二つに折り、両端を縫います。

表地の口と裏地の口を縫い合わせますので、その長さは同じになるようにしてください。

裏地の口の断ち切りは1センチ強くらい外に折り返しておきます。

 

持ち手を作ります

持ち手に接着芯を貼り、中表にして細長く縫います。

縫ったらそれを裏返します。

縫い代は1センチほどです。

持ち手の端2センチくらいの縫い代で、表地の袋の部分の端に縫い付けます。

このあと裏地を縫い付けていくので、持ち手の先端は裏地と表地の中に入って見えなくなります。

この持ち手は接着芯をつけても少し弱かったようにも思うので、手芸用の綿を詰めたり、ビニールのチューブを入れてもよかったように思います。

また、より細く筒状に縫ったものを三つ編みにしてもかわいいかもしれません。

 

裏地を縫い付けていきます

裏地を表地の中に入れて縫い合わせます。

この時、先ほど蓋の部分で5センチほど余らしていた部分は、裏地をつけることで見えなくなります。

裏地も表地も断ち切りは中に折り込んでしまうので見えなくなります。

表地の口の長さと裏地の口の長さが違う場合は、裏地の縫い代を多くしたり少なくしたりして表地の口の長さに合わせてください。

全部縫い終わると下の写真のように断ち切りはすべて見えなくなるはずです。これで完成です。

 

アレンジのしかた

おそらく一番シンプルな蓋つきの手提げの作り方をご紹介しました。

どのようなアレンジができるかご紹介しておきます。

 

蓋の長さや形を変える

今回作ったものは蓋がかなり深くまで被るものになりました。

お好みによって蓋の長さを変えるとまた違った印象になります。

また、今回は直線的な四角い手提げになりましたが、蓋の端を丸くすることによってかなり印象が違って見えるはずです。

丸い形を付ける道具は「まるみ」といって、これも手芸店で購入することができます。

着物や浴衣の袖口の下は丸くなっています。

これもまるみで布に癖をつけて形を作っています。

反物などの比較的薄い布は、湿った当て布をして上からアイロンやこてを当てることによって布に癖をつけ、形を整えることができます。

 

ボタンやレースなどの飾りをつける

今回このリメイクに使ったのは道行コートですが、道行コートには飾りボタンがついています。

蓋の下にスナップを付けて、その上にそのボタンをつけるとまた違った印象になるでしょう。

スナップや飾りボタンなら布にボタンホールを開ける必要もないので手軽につけることができます。

また、レーステープや共布で作ったつまみ細工などを取り付けてもかわいくアレンジできそうです。

着物リメイクは、最初は難しそうに思えるかもしれませんが、アイデア次第でいろいろな作品をつくることができます。

ぜひいろいろなものにチャレンジして、オンリーワンのお気に入りを作ってみてください。