着物リメイクでシュシュとヘアアクセサリーを作る方法

着物リメイクのアイテムの中で、一番簡単に短時間で作ることができるのがヘアアクセサリーです。

縫物はちょっと苦手という人でも、手軽に作ることができます。

シュシュを作る

最近流行が続いているシュシュ。

ボリュームがあって、結ぶだけで華やかな髪型になります。

シュシュは非常に簡単に作ることができます。

作ったことがある方もいるかもしれません。

今回は、ピンク色がかわいい道行きを使ってリメイクをしていきます。

袖などをとって、しわを伸ばしておきましょう。

 

用意するもの

  • 生地 50センチ×12センチ
  • ゴム 10ミリ幅20センチ
  • ゴム通し(無ければ安全ピンなど)
  • 必要であればミシン(この記事では手縫いでの方法をご紹介しています)
  • その他裁縫に必要なもの

 

作り方

①縦に縫って裏返す

生地を裏にして縦に長く折り、縫い代を1センチくらいとって縫います。

普通の波縫いで大丈夫です。

写真は点線の部分が縫われています。

縫ったら裏返して表面を出します。

写真は少し見ずらいですが、下の方が縫ってあります。

 

②ゴムを通す

ゴムを通していきます。

中でゴム通しからゴムが抜けてしまうと厄介なので、抜けないように長めに通します。

ゴムは写真のように先端と先端を縫い合わせてもいいですし、結んでしまっても大丈夫です。

 

③ゴムを入れた口をとじる

筒状になっている生地の筒の端と端を縫い合わせます。

波縫いで構いませんが、使う時に力がかかる部分なので細かく縫いましょう。

 

④完成

以上で完成です。

 

アレンジの方法

布の長さを変える

今回は布をの長さをゴムの長さの2.5倍にしました。

もっとボリューム感がほしい時は布をもっと長くするといいでしょう。

また、この長さは大人用ですが、ゴムの太さを細くしたり、布の幅を細くしたりすると子供用も作ることができます。

小さいものを作る時には柔らかい布を使うとやりやすいでしょう。

 

布をパッチワークする

布を何枚か組み合わせて使うと、また新しい表情が生まれます。

配色や素材によっておもしろい作品が作れそうです。

 

つまみ細工でヘアピンを作る

浴衣を着る時など、ちょっとした和風のヘアアクセサリーなどがあると非常におしゃれで、ほかの人と差をつけることができます。

和服の際に髪につけるヘアアクセサリーを探してみると、かなり大振りのものが多く、ちょっと髪に飾るというサイズは意外とありません。

そんな時はつまみ細工で自分で作るのがおすすめです。

 

用意するもの

  • 布3センチ×3センチを6枚
  • ヘアピン
  • 接着剤(ボンドなど。初心者のうちはボンドがおすすめです。乾くまでに形を整えられます。慣れてきたら瞬間接着剤を使うと速くていいです)
  • 中心につけるビジューなど(ビーズなどでも可)
  • 厚紙
  • 必要に応じて糸と針

 

つまみ細工とは

つまみ細工とは、江戸時代から続いている伝統工芸のことです。

今でも成人式などの髪かざりなどに使われています。

花びらを一枚一枚作り、それを土台に貼り合わせて花を作ります。

さまざまな花を表すことができます。

また、アイデアによっては鶴などを作ることもできます。

花びらを一枚一枚手で作っているので、非常に繊細な印象を与えます。

最近ではつまみ細工のためにあらかじめ小さい正方形にカットしてある布や、つまみ細工を簡単にきれいに作るためのキットなども発売されており、ハンドメイドとして人気があります。

そういったものを買って参考にしてもいいでしょう。

 

花びらの作り方

①三角に折る

布を三角に折ります。

なるべく布を正方形に切っておくときれいに仕上がります。

小さくてやりにくい場合はピンセットを使ってもいいでしょう。

 

②もう一回三角に折る

もう一度三角に折ります。

 

③写真のように折る

写真のように折り、手で押さえているところを糸が接着剤でとめます。

 

④3点を合わせたところをとめる

三点を合わせたところを止めます。

角はきっちり合わせた方がきれいに仕上がります。

ボンドなどで接着してもいいですし、糸でとめてもいいでしょう(この記事では糸でとめています)。

ボンドなどでとめた場合は乾くまで洗濯ばさみなどで固定しておくとその間にほかのパーツを作ることができます。

花びらが一枚できました。

これをたくさん作って花を作っていきます。

 

ヘアピンの作り方

①花びらを6枚作る

上の要領で、花びらを6枚作ります。

 

②土台を作る

土台を作ります。

土台は、厚紙を直径2センチほどの円に切り、それを花びらと同じ布でくるみます。

出来上がったら目立たなくなるので、円はだいたい丸くなっていれば大丈夫です。

ヘアピンの方にも土台を作ります。

カッターで切り込みを入れてヘアピンを通します。

 

③土台に花びらを貼る

土台に花びらを貼っていきます。

土台に少し多めに接着剤を塗ります。

最初は写真のように一枚貼ったらとなりではなく反対側にもう一枚貼ります。

こうした方が、6枚均等に貼ることができます。

もう一枚貼ったら反対側の一枚というように6枚全部貼り付けます。

必要に応じて花びらの位置を微調整してください。

ボンドは乾きが遅いので、乾くまでにきれいに整えます。

 

④真ん中にビジューを載せる

真ん中にビジューを載せます。

ビーズなどもおすすめです。

中央は布が毛羽だったりするので、それを隠すように取り付けます。

 

⑤ヘアピンに取り付ける

ヘアピンにとりつけてある土台と、つまみ細工の土台を貼り付けて完成です。

 

アレンジの方法

つまみ細工はさまざまなアレンジが可能です。

 

花びらを増やす

今回は一番簡単な6枚の花びらを使う方法をご紹介しましたが、花びらは増やしていくこともできます。

梅などの丸い花びらを表現するには今回のように一枚の花びらがふわっと開くようにして、菊などの細い花びらを表現するには花びらを増やすといいでしょう。

 

中心を工夫する

今回はビジューを付けましたが、ビーズなどを使ってもかわいいです。

少し中心が毛羽立ってしまった時には、細かめのビーズを毛羽立った部分がうまく隠れるように張り付けてください。

造花などに使うパーツなどを使うとよりリアルにできます。

 

葉っぱをつける

つまみ細工の花びらは、緑の布で二つ作って並べると葉っぱに見えます。

これをつけるだけでぐっと本格的になります。

 

二段に重ねる

今回作ったのは、一段のものですが、少しサイズの小さい布で花びらを作り、中央に重ねると豪華な印象のものが出来上がります。

 

一か所だけ色を変える

例えば8枚の花びらで髪飾りを作る時、花びらを1枚か2枚だけ違う色にします。

似た色ではなく補色にすると、ぱっと華やかな印象になります。

色を変える場所は斜め下にするとさりげなくておしゃれです。

 

アイテムを変える

今回はヘアピンを作りましたが、同じ作り方で帯どめの台座に取り付ければ帯留めに、ブローチの台座に取り付ければブローチになります。

さまざまなものへの応用が可能です。

ちょっと地味かなというバッグなどに直接縫い付ければかわいらしいバッグに変身しそうです。

 

自分でアレンジを楽しもう

今回は二つのヘアアクセサリーをご紹介しました。

ほかにもいろいろなヘアアクセサリーを着物リメイクで作ることができます。

派手な着物の布でリボンを作り、それを紙に結ぶと気分はハイカラさんです。

卒業式の袴などと合わせたらかわいいです。

思いのこもった大切な着物の生地で、さまざまなアレンジを楽しんでください。